自然に還る、自然葬とは?

バナー

自然に還る、自然葬とは?

私たちは、一生のうちに様々な経験をしますが、最後は無となって、自然に還っていきます。

世界の中には、死後の世界での暮らしの為に、棺桶に生活用品を入れたり、お金を燃やしてあの世に届けるといった風習を持つ国もありますが、私たち日本人に最も馴染みのある考え方としては、人は自然の一部であるということではないでしょうか。自然葬は、宗教や国籍を超えた葬儀スタイルです。

その為、近年は、自然葬を選択する人が増加の傾向にあります。

主なものとして、海や川への散骨や、樹木葬などが挙げられます。



例えば海が好きだったという理由で海上散骨を選択したり、また、樹木と共に、生き続けるという考えのもと、樹木葬を選ぶ方もいます。



海への散骨の場合は維持費の発生、管理、土地の許可などは必要がありません。

BIGLOBEニュース情報に対応した情報サイトです。

その為、通常の葬儀よりもぐっと費用を抑えることが可能です。一方、樹木葬は、通常のお墓と同様、行政で決められ、許可された土地にのみ埋葬することができます。基本的に合葬となり、樹木を墓標の代わりにするのが特徴です。

遺骨は、2㎜以下に粉砕しなければならないという規定などがありますが、通常の葬儀よりも手続きや管理の仕方に煩雑さがないのがメリットでしょう。このような自然葬は、後継ぎがいない方や、出来るだけ葬儀のコストを減らしたい方、自然に還るという考えが好きな方などに支持され、近年は増加の傾向にあります。

自分の葬儀については、専門家や家族と話し合い、ベストなものを選択しましょう。