自然葬と死ぬ場所について

バナー

自然葬と死ぬ場所について

自然葬とは、最近で多く流行している、新しい葬儀の方法です。


通常では、ご家族のお墓に、先祖代々のお墓に死んだあとには、入ることが多いものですが、自然葬では、そのようなお墓には入らず、自然の中に自分の骨などを流します。


たとえば、川に流す、などのこともあれば、海に流す、高原に流す、風にそのまま流す、などのいろいろなやり方があり、好きな土地に流したいという想いの人がとても多いです。



利点としては、お墓がないことから、お墓の維持管理費用などがかからないなどの利点があり、またお墓が汚れてしまった場合などにも、掃除などをする必要がない、または石が壊れてしまった場合にも、自然葬であれば、修理する必要がないということから、人気があります。

また、子供や親族がいない、死後まで迷惑をかけることが辛い、というお気持ちから、このような方法を選ぶ人もすくなくありません。

死んだあとに、迷惑をかけたくない、という心からこのように自然に任せるという気持ちの方が多いです。

All Aboutの情報をまとめました。

気を付けなければならないことは、自然葬を望むあまり、またこの世に辛くなってしまい、生きることが困難だ、もう死にたい、などと思い、自然葬をかなえる形として、たとえば山などに自分から出かけ、自殺などを考えてしまうケースなどがあります。


もしこれで、捜索ができなければ、そのままその山の中で死ぬことができますが、しかし、楽に死ねるわけではありませんし、捜索費用などが莫大にかかることがあることから、このような死に方は気を付けなければなりません。